カテゴリ:道具たち( 1 )

   朝から、3本新しい羽毛筆が届きました☆ 
b0126567_15205553.jpg
b0126567_15213372.jpg

b0126567_15215133.jpg

上から 鶏 七面鳥 孔雀  


これら3本を 書き比べ
b0126567_15222982.jpg

 プリプリした弾力があり、躍動感のある表現が可能な筆ですね。                          「鶏」  仲山潤 書








b0126567_15224032.jpg

            こんな奇想天外な 表情 も現われました









b0126567_15225999.jpg

  上の、 鶏の毛に比べて七面鳥の毛の方が柔らかくしなやか。 線性も落ち着いた優しい感じになりました。                 
「七面鳥」   仲山潤 書








                          
          
b0126567_15231048.jpg

 3本の中でこの孔雀の毛が1番腰がなく予測不能な動きをする。 毛の1本1本が太く、吸水性が低いため 筆が紙に触れた瞬間一気に墨を吐き出す感じだ。  僕自身 孔雀の毛の筆を使うのは初めてだったのですが、実にオモシロイ★










b0126567_15232996.jpg

こちらは 今回一緒に注文した黒檀文鎮  黒檀は重厚感があり非常に硬い木で、半永久的に使えるものです。






 

b0126567_15235324.jpg

もう1個。  ニッケルメッキ製の水差し 1980年代以前に製造されたもので、現在ではてに入りずらいものだそう。  径3cm×高さ1cmと小ぶり。  水量の細かい調節が可能で、細字書きの時や 墨をするはじめの段階での濃墨作りの時に重宝しそうです。値段もお手ごろ。















 
[PR]
by junmasa0918 | 2008-04-05 22:18 | 道具たち